イデアル社員から就活生へのアドバイスと
ある1日の仕事の流れを紹介

02/03
仕事を知る

結果は必ず帰ってくる 店舗事業部 課長代理 長林 豪

一度でも結果を実感してからその後を考えるべき

手を抜かず丁寧に同じ事を繰り返していれば必ず“返ってくる”

早く稼げて、自分の力を試せる場で働きたく不動産業界の営業職にしぼり10社ほど企業を回っていたのですが、その中でもイデアルへの入社のきっかけは、代表の薄葉に非常に魅力を感じた事です。立ち振る舞いが格好良く、仕事が出来そうなビジネスマンだなと感じた事が第一印象ですが、特に印象深かったのは、“逆に張って勝っていく”というもの。つまり誰もやっていない事に挑戦する。そのチャレンジ精神に惹かれたのかもしれません。

イデアルの魅力は結果に見合った報酬が返ってくる、しっかりした土俵がある会社だと思っています。ただ、今は入社して6年になりますが、早く稼ぎたく入社した僕も実は1年目の成績は12月まで同期の中でずっと成績が最下位だったのです。当時は本当に苦しい時期でした。ただ、それでも最終的には絶対にトップで終わるという気持ちで、歯を食いしばって諦めず努力を続けていました。

努力が返ってくる保証は何も無かったのですが、代表の薄葉や上司が「さぼらず努力を積み重ねて行けば必ず結果が出る」と、僕を支えて頂いた事もあり不安なく突き進む事ができました。そしてその結果、最終的には1年目の成績を同期1位で終える事が出来たのです。

実ったものを収穫してから、今後の進退を決めてほしい

結果が見えず暗闇の中でも、信じて頑張れば結果はついてくる、というのが1年目に最も学んだ事かもしれません。苦しい、辛いといって諦めていった部下もいましたが、それは本気で努力してきたから苦しい訳で、その結果は必ず返ってくるのに、途中で諦めるのは勿体無いとさえ、今は思います。見返りはせめて貰おうよ。それまではもう少し続けて行こうよ、と。波に乗る時が来るので、その体験を経験するまで最低でも1年、2年は継続してほしいです。

僕自身、身をもって体験したこの経験を代表や上司に教わってきたように、今度は僕が今後入社して来る新入社員に伝えていきたいと思っています。

ある1日のスケジュール
  • 9:40

    出社・朝礼
    さながら、試合前の朝礼で完全にONになる瞬間。社長・社員の気づきや学びを皆で共有し、全員の気持ちが一つになります。
  • 10:00

    物件内見
    オーナー様とテナントに入るお客様との両者の顔合わせ。また合わせてご紹介物件をご覧頂きます。
  • 14:00

    物件の引渡し
    テナントに入る企業様に鍵を渡し入居する日で、自分のもとを離れ育っていくスタートの日。感慨深いものがあります。
  • 19:00

    社内事務作業・帰社
    お客様へその日のうちに送付しなければならないものなどの他にも、自分自身の事務作業など。どんどん溜まるので、コツコツと。
01/03
仕事を知る

“私のファン”を増やしていく 店舗事業部 梅津 冴美

03/03 仕事を知る
仕事を知る

成長は青天井 店舗事業部 課長代理 中野 優

RECRUIT

誰も登ったことのない壁を見つけた我々は、そこからの景色を見る