仕事を知る

イデアル社員から就活生へのアドバイスと
ある1日の仕事の流れを紹介

01/03
仕事を知る

“私のファン”を増やしていく 店舗事業部 梅津 冴美

環境はある。頑張りたい人はやれ。

頑張れる環境、挑戦できる環境がある。

就活をしていて、納得できない会社の選考には進みませんでした。イデアルの選考に進んだのは、社長が“かっこよかった”からです。

印象に残っている言葉は、「頑張れる、挑戦できる環境はつくるから、やりたい人は全力でやれ」。心から共感できました。易しい環境を求めていたわけではないので、より具体的な現場を少しでも知りたいと、内定後のインターンに参加しました。インターンでは約1カ月、実際に出勤して営業を行います。先輩たちが気さくに話しかけてくれたり、ムードづくりをしてくれたりしました。しかし、いざ仕事となると真剣そのもので、温かさと厳しさが共存している環境に惹かれました。

2年目に、後輩がインターン生として出勤するようになってからは、自分がしてもらったように気さくにあたたかく接したいもののその難しさを感じています。“友達”ではない、しかし“ただ怖いだけの先輩”でもない。当時、自分に上手に対応してくれた先輩たちを、今、改めてすごいなと思います。

後輩にとっても、顧客にとっても架け橋となる

入社してみて、仕事の厳しさと大変さは、イメージ通りでした。研修期間が明けてチームに配属されると、“数字を上げなければいけない”というプレッシャーを強く感じるようになりました。「研修期間も大変で、私なりに頑張っていたけれど、まだまだ甘かったんだな」と毎日痛感しています。先輩たちの優しさは変わりませんが、私に求めるレベルは確実に高くなってきています。厳しい指摘に落ち込むこともありますが、先輩たちに支えられ、少しずつ成長できていると感じています。

営業に行くと、怒られたり拒否されたりすることがあります。営業の世界は、厳しいです。そんな中、契約させていただいたオーナー様が「きみのように頑張る子は初めて見たよ。次も何かあったら梅津さんに頼むからね」と褒めてくださいました。とても嬉しかったです。毎日の積み重ねで少しずつ信頼関係が紡がれていきます。ちょっとした報告や資料の持参、一本の電話をどれだけ丁寧に、真剣にできるのかが大切です。「梅津さんだからお任せしたい」と依頼していただけるような営業をいつも念頭に置いています。

今後の目標は、2つあります。まず、同期のメンバーに勝つこと。いつも仲のいい大好きな同期ですが、やはり負けたくはない。自分の結果に日々向き合って、貴重な20代を充実させたいです。もう1つは、新人と上司の架け橋になりたいと考えています。私がしてもらったように、今度は私が後輩にとって“仕事のできるよき相談相手”になりたいです。

ある1日のスケジュール
  • 9:40

    新人同期勉強会
    サブリースをより深く掘り下げて勉強するなど、イデアルのビジネスモデルを新人に浸透させます。
  • 13:00

    営業電話
    お客様への最初のアプローチの場なので、明確・誠実に対応する事を心掛けています。
  • 15:30

    お客様との打ち合わせ
    最近は一人で行きますが、まだまだ緊張します。上司と密に相談し資料や査定表などの周到な準備が必要です。
  • 19:00

    仕事終了後、チームで呑みに
    仕事からプライベート、熱い話題から緩い話題まで、その日の反省を噛み締め明日への英気を養います。
02/03
仕事を知る

結果は必ず帰ってくる 店舗事業部 課長代理 長林 豪

03/03 仕事を知る
仕事を知る

成長は青天井 店舗事業部 課長代理 中野 優

RECRUIT

誰も登ったことのない壁を見つけた我々は、そこからの景色を見る