イデアル社員から就活生へのアドバイスと
ある1日の仕事の流れを紹介

03/03
仕事を知る

成長は青天井 店舗事業部 課長代理 中野 優

芽が出る環境を整える事が大切

ベンチャー企業でしか味わえない経験

僕が入社した年、イデアルは創業してまだ2年目。当時は、今よりもさらにベンチャー色が強い会社でした。面接の時の控え室も数人が入っただけで窮屈な狭い小部屋。本音は「この会社、大丈夫か?」というものでした。しかし、社長の薄葉が話す内容は、先の将来までのビジョンが緻密で扱う商材もニッチで面白く、この人の言っていることは実現しそうだと感じました。そこで会社への印象ががらりと変わったのを覚えています。面接の時に社長と話していなければ、僕は今、この会社に居なかったかもしれません。

その面接が行われた事務所から、その後移転し、現在の半分ほどのスペースへ、そして今は、その2倍の面積のオフィスへと。会社の成長を肌で感じ、自分自身もベンチャー企業でしか味わえない経験をさせてもらっていると感じています。

責任ある仕事の充実感

学生時代の友人と話すと、大きな企業であるほど、まだまだ責任ある仕事はさせてもらえないようで「毎日単調で仕事を楽しめない」という話題がよく出ます。それに比べて、僕はチームリーダーとして部下を持ちアドバイスする立場。ベンチャー企業は採用人数が多くないので、その分、一人ひとりが負う責任やプレッシャーは大きくなります。すぐに戦力として扱われるわけですから、その分、早く結果を出したい。数多く種を蒔き工夫を凝らして必死に頑張るしかありません。どのように芽が出るかはわかりませんが、いつか自分に返ってきます。

以前アプローチしていたオーナーの所有ビルが、他社の契約になってしまったことがありました。ただ、その後も営業以外でも近くに行った際には、挨拶にお伺いしていました。定期的に連絡をすることも怠りませんでした。すると突然、他に所有しているビルが空いたと連絡が入ったのです。その時は、テナント誘致の話を僕とだけ進めてくれることになりました。忘れられないエピソードの一つです。

当社が扱うサブリースという商材は、ビル経営の実務やリスクをイデアルが負う代わりに、毎月の賃料の数パーセントをいただくというサービスです。契約を取ってきた人には、売上として計上される仕組みになっています。今まで付き合いのあるオーナーの方々とよりよい関係を続けることで契約に結びつけ、加えて新規の契約を増やしていけば、一億円プレイヤーも夢ではないと思っています。

ある1日のスケジュール
  • 9:40

    リーダーミーティング
    チームリーダーと役員で報告、意見交換などを行います。チームのことを考えるようになり、人を動かす大変さを勉強しています。
  • 10:00

    部下とアポの同行
    自分の案件ではないという違ったプレッシャーがあります。上司の立場でしか経験出来ないことなど今までとは違う角度から見えるものがあります。
  • 14:00

    営業電話
    現在の立場でも時間があればどんどん掛けます。新人の頃は明るく元気に対応していましたが、今では知識や経験を織り交ぜながら提案します。
  • 19:00

    提案書チェック
    お客様への契約書や自分自身の雑務の他に部下からの提案書のチェックも。チームの柱として仲間の状態にもアンテナを張り続けます。
01/03
仕事を知る

“私のファン”を増やしていく 店舗事業部 梅津 冴美

02/03
仕事を知る

結果は必ず帰ってくる 店舗事業部 課長代理 長林 豪

RECRUIT

誰も登ったことのない壁を見つけた我々は、そこからの景色を見る